FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弁天ゆり&テレヤ・シェイin浣腸テスト

「それでは違反がないか調べる」
レフリーが高々と両脚を掲げられたテレヤ選手の股間へと近づいて、しゃがみこむ。
「オー、ノーッ! そんな近くで…見ないで」
思わずテレヤ選手が叫んでしまったのが無理もないほど、レフリーの顔はテレヤ選手の股間に接近していた。レフリーは両手を伸ばすと、グイッとテレヤ選手のボリュームのある尻たぶを押し開いた。
「ノーッ! イヤ~ッ」
金髪の美少女の可憐な蕾が、その皺が引き伸ばされるまでに晒された。同時にその上の陰唇もつられて口を開く。テレヤ選手の双つの秘花は、文字通り奥の奥まで広げられてしまったのである。もちろん、その様もしっかりと特設スクリーンに映し出させている。巨大なスクリーンいっぱいにテレヤ選手の肛門が映し出された。
「むむ、問題ないようだ」
レフリーは、テレヤ選手の可憐な窄まりをじっくりと観察して言った。

しかし、そこに待ったの声が上がった。審査委員長だった。
「源海選手の例もある。肛門は何かと疑惑の受けやすい部分であるからして、我々審査委員も両選手を調べた方がいいと思うのだが」
そう言いながら6人の審査委員たちは、勝手にぞろぞろと試合場へと降りて行き、浣腸台の上であられもない姿を晒している両選手へと近づいた。とまどうレフリーを押しのける。
「あっ、イヤっ。来ないでっ」
弁天選手の悲鳴があがった。審査委員は3人づつに分かれて両選手の大きく広げられた股間へと顔を寄せ合った。
「どれどれ、イヒヒヒ」
審査委員長が両手で弁天選手のお尻を左右に広げた。
「いやぁ~っ!」
絶叫する弁天選手。尻たぶを思い切り開かれたため、弁天選手の肛門は窄まりの内側までも顔を覗かせてしまっている。決して人目には晒すことのない秘められた部分を、三人の審査員に至近距離で視姦され、さらには全校生徒、全父兄にも公開されているのだ。もちろんお尻をここまで開かれてしまったことなど、今までなかった。生まれて初めて露出させられた内壁に、ひんやりとした外気、そして大観衆の熱い視線を感じ、弁天選手は羞恥に身悶えた。

「ほぉ~っ。男まさりのイヤハヤ十人衆と聞きますが、お尻の穴は可愛らしいですなぁ」
「厳正な試合に不正行為があってはなりませんから、よ~く開いて調べないといけませんな、イヒヒヒ」
審査委員は、その部分が裂けてしまうかと思われるほどにグイグイと指で左右に押し開いていく。
「ああ、イヤ…」
尻たぶを、そこまで広げられると、当然のことながらその上の淫裂もぱっくりと口を開く。薄い陰唇が菱形に引き伸ばされて、目の覚めるような鮮やかなサーモンピンクの肉壁が露出されている。そこはうっすらと湿り気を帯びて、キラキラと輝いていた。思い切り広げられているため、その上方で肉のフードを被っていた陰核までも、恥ずかしそうに顔を覗かせていた。
「ヒヒヒヒ、ワレメちゃんもパックリと開いてしまっていて、なんとも絶景ですな。実に美しいピンク色じゃないですか」
「そ、そっちは試合に関係ないでしょ! ヘンタイっ!」

審査委員に思わず悪態をつく弁天選手。しかし審査委員たちは涼しい顔だ。
「これは申し訳ない。しかし、お尻の穴だけ開いてくれればいいのに、わざわざワレメちゃんまで口を開けてくれているのですから、つい目を奪われてしまうのですよ。審査員の皆さん、弁天選手は、ワレメちゃんよりお尻の穴を見てもらいたいそうです。我々もしっかりと弁天選手のお尻の穴を検査しなければいけませんな」
「ああ、イヤっ、そっちも見られたくない…」

「ううむ。こんな可愛らしい窄まりから、汚いものが出てくるとはとても信じられませんな」
「それはこれからのお楽しみではありませんか。イッヒッヒ」
その通りだった。これから両選手は、その可憐な肛門へと薬液を注入され排泄を強要されるのである。もし耐えられなかったら、大観衆の前で人間として最も恥ずべき行為を晒さねばならないのだ。
「ああ…。あたしってなんて運命なの…」その恐怖に耐えかねて弁天選手は声を漏らす。
「アアッ、ダメ~ッ!」
 その隣でテレヤ選手も悲鳴をあげていた。その広げられた股間には、むしゃぶりつかんばかりの笑顔を浮かべた審査委員たちがテレヤ選手の肛門を視姦しているのだ。今まで誰にも見られたことの無い部分を、これほどまでにじっくり見られるとは。それは八つざきテストで全校生徒の前でおっぴろげて、性器を公開してしまった時以上の恥ずかしさだった。

「ヒヒヒ、そろそろ交代しますか」
「そうですな。今度はそちらを調べないと」

テレヤ選手を検査していた審査委員たちが弁天選手の方へ移動し、弁天選手を検査していた審査委員たちがテレヤ選手の股間へと集まった。
「イヒヒヒ、今度はガイジンさんのお尻の穴ですか」
「ワレメちゃんの方のヘアはしっかり金髪ですが、お尻の穴の方には全然生えておりませんな。うむ、綺麗な肛門です」
「見比べてみると、お尻の穴も色々違うもんですな。ヒヒヒ」

審査委員はかわるがわるテレヤ選手の尻たぶを広げて、肛門を眺めては、卑猥な批評を口にした。不正防止の検査とは名ばかりの陵辱である。審査委員といえども、うら若き、とびっきりの美少女の恥ずかしい部分を、こんな至近距離でじっくりと観察できる機会などそうあるわけがない。こんな機会を逃すものかと、しっかり目に焼きつけていく。
「どうですか? 審査委員の皆様。両選手の肛門に問題はありませんか?」
レフリーの問いかけに、審査委員長が答える。
「いや、この検査ではあくまでも表面上のことしかわかりません。源海選手のように肛門の奥に何かを隠していることも考えられます」
「おお、その通りですな。確かにこれでは不十分だ。しっかり奥まで開いて調べないと」

そんな審査委員たちの会話を耳にした弁天選手は、思わず叫んだ。
「ひっ、お、奥までって、いったい…」いやはて県医師会の重鎮である審査委員が助手の看護婦を呼び寄せると囁いた。看護婦は、すぐに何かを取りに行った。(つづく)
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oppiroge.blog27.fc2.com/tb.php/4-0fb327e7

«  | HOME |  »

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

電人

Author:電人
羞恥シーンにしか興奮できない男です。永井豪「イヤハヤ南友」の「八つ裂きテスト」編と「けっこう仮面」のヒロイン高橋真弓をこよなく愛しております。尊敬する人物は、小屋椰子先生とサタンの足の爪。ここにアップした小説は、すべて自分のオナニー用に書いたものです。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。